PROFILE

sano_profile2

佐野碧(サノアオイ)

Tommy.c Records所属

海外でカリスマ的人気を誇る唯一無二の女性アーティスト。
 
2016年4月日本人で初ネパール世界遺産バクタプルダルにて主催したチャリティーフェス『 HIKARI SONG GIFT』は5000人以上を集客し、ヒカリと音楽を融合させた幻想的なステージは震災で疲弊した現地の人々の希望のヒカリとなった。
その伝説的なステージは、海外主要メディアでも大々的に取り上げられる。現在も自身のメインの活動は被災地の支援にあて、音楽とヒカリを各地に届けている。
 
幼少の頃から世界各国を訪れ、異文化に触れる。それらの経験を通じて感じたもの、それは「全ては一つ」という意識。それが彼女の音楽活動の原点となっている。
作詞作曲・アレンジ・ミックス楽曲制作全てを自身で手掛けている。
空、大地、地球と繋がりを感じさせる繊細かつ壮大なメロディーと、人々の心を魅了するソウルフルな歌声は、国内外問わす高い評価を得ている。
 
ネパールから帰国後、2016年5月Jリーグ国際支援テーマ曲に採用、6月にはプロ野球楽天-阪神戦にて国歌斉唱を務めた今注目のアーティスト。

2000年
仙台で2ボーカルのユニット「二自由丸(にじゆうまる)」を結成。クラブを中心に活動。
2003年
パソコンを使用しての打ち込みによる曲作りを手掛ける。
2006年
ソロ活動開始。
2007年
タンザニアへ行き、生のアフリカ音楽に触れ、影響を受け、一つの国に縛られないワールドミュージックを意識するようになる。
2008年
即興ダンスパフォーマンス団体や、知的障がい者の方々とコラボレーションの経験を積み、音楽の可能性を強く感じる。
2009年
上京。東京でライブ活動を開始。パーカッショニスト南波良人氏と組む。プライベートスタジオ「すあら・ばぐーすStudio」を開設。
2011年3月
東京で大震災を体験。その後、幼少期より親しんだ故郷への、繊細な想いを歌に綴るようになった。
【最近の主な活動】
    2012年10月
    BS テレビ朝日「はるな愛と石川和男の本音トーク」エンディングテーマに「SUNRISE」が採用される。
    2012年11月
    TSUTAYAランキングトップ10 に入ったコンピレーションアルバム『PRIME TIME』に「虹色のひとみ」が採用される。俳優 ケーナ奏者の田中健氏と共演。
    2013年12月
    自身初 100人超のワンマンライブを六本木モーフ東京にて開催。
    2014年
    新宿ミノトール、渋谷 Flame 東京、月見ル君思フ、仙台サテンドール2000にてワンマンライブを開催。
    2014年10月
    自主レーベル「トミーシーレコード」設立。
    2014年12月
    デビューアルバム「KARMA」発売。
    2015年6月
    東北大震災を綴り2万リツイートされた詩「潮の匂いは。」を歌にして発表。
    2015年6月
    収容600人規模、代官山ユニットでのワンマンライブを成功に収める。
    2015年12月
    ネパールチャリティプロジェクト『HIKARI SONG GIFT』スタート。
    2016年3月
    Jリーグ国際貢献活動PR動画のBGMに「千の灯火〜Shanti〜」が採用される。
    2016年4月
    ネパール世界遺産バクタプルにて、日本人初チャリティフェスティバル『HIKARI SONG GIFT』を主催。現地で5000人以上を集客し、海外主要メディアで大々的に取り上げられる。
    2016年4月
    シングル「千の灯火〜Shanti〜」発売。
    2016年6月
    プロ野球楽天-阪神戦にて国歌斉唱を務める。